So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

サーフィンが受け継がれていくために [体験談]

日本にサーフィンを広めた第一人者で、阿出川輝雄さんと
言う方をTVで見る機会があった。

阿出川さんが仰るには、サーフィンが受け継がれて
いくためには、一生懸命、仕事をやる事。
やっぱり(仕事で)成功する必要があると思っておられる。
とのことであった。
人生や仕事の成功者がサーフィンを楽しむから、人は
サーフィンに憧れるのだそうである。
だからこそ、サーフィンが受け継がれていくのだそうである。

私は、今までに「弓道・アーチェリーPR大作戦」なんて、
おバカなことを述べてきたが、随分と情けなくて格好悪く
感じた。
実際、仕事では何ら恥じるところはないが、
人生の後輩後輩諸君から私は憧れを持って見られて
いるか?
非常に非常に疑問である。

弓道やアーチェリーの競技人口を増やすために
小手先の対策も不要とは言わないが、それよりも
競技者一人一人が仕事(学業)や日常生活を実りある
ものにすることが何より重要であると言う訳である。

弓道の昇段審査の筆記試験で、同様の問題が出た時には
そのような趣旨で回答して欲しいと強く願う次第である。
その事により、弓道界がより健全なものになると信じられる
からである。

上達の近道 [体験談]

弓道やアーチェリーに限らずどの世界でも同じだと
思うのだが、上達の近道は記録を取ることだと思う。

記録を取ることにより、昨日の自分、先週の自分と
比較することができ、上達した点、改善が必要な点を
客観的に把握できる。

私の場合、それが最も苦手な事である。
いつも「感覚」に頼るところがあり、理論を生かし切れて
いないところがあった。
しかしながら、上達を願うとこれは避けて通れない事で、
遅ればせながら&的中だけであるが、記録を取ることに
した。
お陰様で自分がどの位の実力なのかが客観的に
把握でき、具体的にどのように努力したら良いのかが
見えてきた気がする。

弓道指導の裏技―Ⅱ [われ思う]

以前、アーチェリーの道具を活用して弓道での離れの練習を行う
事を提案した。

そして今回提案する道具は、四半的弓道の弓と矢である。
方法は普通に四半的弓道を行う事・・・・
????

何のため?と問われそうであるが、目的は、弓や射と言った
トータルなイメージを体験させる事である

つまり、一般的な弓道の練習を開始する前に四半的弓道を
体験することにより、弓に矢を番えた時の感覚、弓を引く時の
感覚、的を狙う時の感覚、離れる時の感覚と言ったトータルの
イメージが体験できる為に弓道の練習に効果があるのではないかと
考えるものである。

「弓を引くシーケンス」と私は呼んでいるが、人によっては「弓を
引く筋肉」等とも呼ばれるものであるが、新しく弓道を始める
人にはそのようなものがない。
四半的弓道は、非常に簡単で「弓」と言うものを経験できる。
その特性を生かして、「弓を引くシーケンス」を初心者に植え
付けられないかと考えた次第である。
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます